注文住宅は動線と収納を考えた間取りで設計しよう

間取りは生活動線を考えて決めよう

注文住宅は、生活動線と収納を考慮して間取りを決めると、満足のいく設計になりやすいです。家の中で動線が遠すぎたり交錯していたりすると、家が狭苦しく使いにくく感じやすくなります。例えば洗濯するための動線を考えるなら、浴室、洗濯機を置く場所、洗濯を干す場所、これらが互いに遠いと洗濯はとても疲れる作業になります。動線を整理するためには、家人の行動にあった設備配置が重要です。特に水周りの配置は生活そのものに影響を与えます。トイレや薬室が寝室に接していると、騒音で睡眠が妨げられ、寝室の目的が果たせないかもしれません。

風の動線も考慮しよう

風の動く方向を意識して設計することも大切です。風が通りにくく空気がこもりやすい家は、湿気でカビが増えやすいだけでなく、ハウスダストも溜まりやくなるからです。そのため、どのように家の中で空気の流れが起きるかを配慮して設計されければなりません。最近では通風をシミュレーションして可視化するソフトウェアなどもあるので、参考にしてみるのもよいでしょう。

使いやすい収納を心がけよう

間取りから住宅設計を考えると、収納が足りなくなってしまう場合があります。快適な住居には、すっきりと荷物を片付けられるだけのスペースが必要です。次の2点を念頭において住宅設計を決めるとよいでしょう。1つは部屋数です。収納は部屋ごとに付けられる場合が多いため、部屋数が増えるほどに収納は小さくバラバラになります。次に収納の奥行きです。いくら大きな収納スペースがあっても、デッドスペースが大きくては意味がありません。使いやすいサイズの収納にしましょう。

千葉の注文住宅会社では、意欲のある人材を募集しています。知識や技術は不要で、未経験の方でも就職することができる企業があります。