理想の暮らしをイメージしよう!賃貸物件の選び方

理想の暮らしの条件を書き出して優先順位をつけて

進学や就職ではじめての一人暮らしをするときは、自分のお城となる賃貸物件を探すことになります。希望に満ちた一人暮らしであっても、物件選びについて無知識であれば、住んでみてこんなはずじゃなかったと、色々と後悔することが出てくるかも知れません。ですから、まずは理想の暮らしをイメージして、どんな物件に住みたいかを書き出してみてください。賃貸物件を選ぶときに、必ず書き出しておいたほうがいい条件は、立地や間取り、設備や家賃などです。

これらの条件が決まったら、その中で優先順位をつけていきます。すべての理想の条件があてはまる物件は家賃が高くなるので、これは譲れない条件、ある程度は妥協できるという条件を考えておくとよいでしょう。理想の条件の優先順位をつけておくことで、賃貸物件を探す手間や時間を大幅にカットできます。

理想の暮らしにぴったり合う条件とは!?

理想の暮らしを手に入れたくても、それにぴったりな条件がわからないという人は少なくありません。例えば、静かな環境で暮らすことが理想の人は、郊外の賃貸物件がおすすめです。郊外であれば街中よりも人や店が少なく、閑静な住宅が多いため、騒音が気にならずに静かです。一人暮らしをしたら自炊を楽しみたいという人は、キッチンが広くてコンロが2口以上ある物件がよいでしょう。また、インドア派で休日は部屋で快適に過ごしたいという人は、日当たりの良い東南部屋や収納スペースが多い部屋がベストです。日当たりが良いと、日中部屋が明るくて気持ちよく暮らせます。収納スペースが多いと部屋が散らかるのを防げて、ゆとりある空間の中で快適に過ごせます。

恵庭の賃貸なら静かな落ち着いた生活を保障します。「ガーデニングのまち」として知られており、美しい街並みが生活を彩ります。