初心者でも失敗なし?!賃貸物件の選び方とは

暮らしやすさをチェックする

賃貸物件を選ぶときには、自分たちが暮らしやすい環境なのかきちんと見極めることが大切です。間取りやトイレとバスなどを必ずチェックします。間取りは家族構成に合わせて選ぶことがポイントで、一人暮らしで狭くても構わないときには1Kを、家族で暮らすなら3LDKなど人数や家族構成に合わせてチョイスします。人数が少ないのに広い賃貸物件を選んでしまうと部屋を持て余してしまうこともありますし、管理も大変です。逆に人数が多いのに狭い空間だと窮屈なので、暮らしにくくなります。家族構成を踏まえて、どのくらいの間取りならゆとりがあるのか考えるのです。

トイレやバスも重要なチェックポイントで、トイレとバスが一緒になっている物件なのか確かめておきます。トイレとバスが一緒になっていると家族の誰かがお風呂に入っているときにトイレが使えなくなるので、トイレとバスは別が良いのか、一緒でも暮らしやすいのか考えておくと失敗も少なくなります。

周辺環境に気を付ける

賃貸物件の住みやすさや間取り、設備などに目がいきがちですが、周辺環境にも気を付けます。暮らしに欠かせないようなスーパーやコンビニ、図書館や病院、銀行などが揃っているのか調べます。人によって必要だと思う施設やお店は違ってくるので、自分は何が必要なのかしっかり考えてから条件に当てはまるエリアを選びましょう。また最寄り駅や交通面も考慮して、通勤や通学、買い物に出掛けやすいのかも確認します。契約をする前には周辺を歩いてみて、どのような環境なのかチェックしておけば、快適な暮らしを手に入れられるかもしれません。

江別の賃貸物件には、築数十年のものから新築のものまで幅広い種類があります。間取りもそれぞれ異なっているため、希望のものを探すことができます。