別荘を手に入れたら注意しよう!意外な出費とは?

別荘には維持管理の費用がかかる

自分が普段から住んでいる住居と違って別荘には意外なほどに出費がかかるということを知っているでしょうか。その代表として知られているのが維持管理のためのコストです。別荘は普段からずっと生活をしているわけではないので、中に誰も住んでいない期間がかなり長くなります。そうすると建物が劣化しやすいだけでなく、盗難などのリスクも高くなるでしょう。そのため、長期にわたって家を空けるときには管理を依頼することが重要になります。必要に応じて清掃を入れるなどの対応もして、できるだけ建物を良好な状態に保つことが大切です。このために費用をかけざるを得ないことは別荘を手に入れるときには念頭に置いておくと良い点でしょう。

別荘でも税金はかかる

別荘を手に入れてからは税金も納めなければなりません。賃貸生活しかしていなかった人の場合にはあまり意識がなかったということもあるので注意しましょう。別荘を手に入れると土地と建物の所有者になります。その影響で固定資産税と住民税を支払わなければならないのです。どのような別荘をどこで手に入れたかによって納める税金も変わりますが、毎年必ず支払うことになるので注意しましょう。固定資産税は固定資産税評価額と税率によって決まりますが、評価額は変動することもあります。最初は安かったけれど、だんだんと人気になって地価が上がっていき、固定資産税評価額も上がるのが典型的なパターンなので、地価の動きについても注意しましょう。

八ヶ岳の別荘は、周囲の山で採れた高原野菜を調理するのに適した、システムキッチンやクッキングツールを備えた別荘もあります。お客様にクッキングツールを魅せるデザインを取り入れた別荘も多数あります。